ジムに持参するもの

スポーツ活動が最大限のメリットをもたらし、ジムでのトレーニングプロセスを妨げるものは何もないため、トレーニングに必要なものを正確に事前に知る必要があります。

内容

  • 1ジムに連れて行く必要があるもの
    • 1.1スポーツウェア
    • 1.2高品質のスポーツシューズ
    • 1.3シェーカー
    • 1.4トレーニング日記
    • 1.5タオル
    • 1.6音楽
    • 1.7タイマーとトラッカー

ジムに連れて行く必要があるもの

フィットネスクラスに持ち込まれるバッグまたはバックパックは、所有者のためのスポーツ用品の一種であり、今後のジムへの訪問にいつでも対応できます。 アクティブなライフスタイルをリードする各人の興味は異なり、バッグの内容に影響を与えますが、スポーツに情熱を持っているすべての人が携行しなければならない基本的なものがたくさんあります。

準備が整ったスポーツバッグを持っていると、痛みを伴う集会を永遠に忘れて、いつでもフィットネスクラブに行く準備ができます。 常に手元にあれば、次のトレーニングセッションで忘れ物を忘れる心配はもうありません。

スポーツ品質の服

これは、スポーツに興味のある人が絶対に持つべき最も重要な主なものであり、どの特定の学問が好まれているかに関係ありません。 良質で質の高いスポーツフォームがなければ、トレーニングは最大の結果をもたらしません。 仕事の後にジムに行くときは、事前にスポーツウェアをバッグに入れておく必要があります。 そうでなければ、ロッカールームに来て、あなたはあなたとフォームがないことを簡単に見つけることができます。

フィットネス用の衣服は、サイズに合わせて選択された通気性のある素材で作られている必要があります。 そもそも、フォームを選択するときは、ファッションだけを考えるのではなく、快適さを置く必要があります。 もちろん、誰もが見栄えしたいのですが、不快でタイトにフィットしたレギンス、無限に引っ張らなければならないTシャツは、トレーニングから気をそらすでしょう。 深いスクワットや他のエクササイズを実行できない、または気まずい姿勢に陥る可能性のあるものを着用しないでください。

高品質のスポーツシューズ

ジムを訪れるためのスポーツ用品のもう1つの不可欠な属性。 主なことは、良い靴を選ぶことは、それが何らかの種類の身体活動に対応していることを確認することです。 重量挙げ選手は、ランニングシューズよりもランニングシューズに適しています。

未承認の靴でジョギングすることは非常に困難です。 誰かがサンダルでジョギングに行くことを決めた場合、まず第一に、それは不便であり、第二に、それは外側からかなりratherいように見えます。 即興で演奏する必要がないように、すぐにスポーツユニフォームと靴の両方が収まるバッグを選択する必要があります。

シェーカー

このアイテムがなければ、スポーツバッグが完全に装備されていると考えることは不可能です。 良質で高品質のシェーカーでは、多くのアスリートが使用するワークアウト前およびワークアウト後のサプリメントだけでなく、お気に入りの飲み物、水をいつでも手に入れることができます。 最初に出くわすシェーカーは購入しないでください。 そうしないと、プロテインシェークが塊のある不適切な塊に変わる可能性があります。

トレーニング日記

すべてのアスリートは、自分の進歩を追跡する必要があります。 最後のレッスンに関するすべての情報が記録されます:関連する重み、完了したアプローチの数、繰り返し。 これにより、最後のトレーニングセッションで行われた作業量、次のレッスンで期待されること、および調整が必要かどうかを常に監視できます。 各レッスンの詳細を厳密に監視することで、目標をはるかに迅速に達成できます。

タオル

スポーツをして、みんな汗をかきます。 これは非常に正常です。 ただし、さまざまな人々がジムで同じシミュレータを使用しているという事実を考えると、自分でタオルで拭いてください。 アスリート自身が額から床を取り除いて、目をいっぱいにする必要があります。

ミュージック

それは多くの人々にとっての動機付けの要因です。 主なことは、トレーニングのために音楽の伴奏を選択して、それが単なる動的ではなく、好かれるようにすることです。 プレイリストを正しくコンパイルすれば、スポーツ目標を達成するのがはるかに簡単になります。 もちろん、プレーヤーや携帯電話にダウンロードした音楽は、トレーニング中は聴くことができますが、ヘッドフォンのみを使用するので、バッグに入れておく必要があります。

タイマーとトラッカー

心拍数を測定するトラッカーのおかげで、すべてのステップをリアルタイムで追跡できます。 これにより、維持する必要がある正確なギャップ内で、有酸素運動を正しく構築できます。 デバイスの一部のモデルでは、パルスだけでなく、消費カロリーの数も監視できます。 そして、主な目標が減量である場合、同様の手法で選択をやめる必要があります。

インターバルタイマーの選択を停止するには、循環トレーニング、田畑、クロスフィット、HIITに従事している人にお勧めします。 このようなデバイスは非常に使いやすく、個々のニーズに合わせて簡単にカスタマイズできます。 これにより、休憩時間をカウントするのではなく、トレーニングに完全に集中することができます。 多くの場合、タイマーは正確にトレーニングの効果を高め、プラトーを防ぐのに役立つツールになります。