片足のつま先を持ち上げてダンベルを手に

エクササイズは、ふくらはぎの左右の筋肉を別々に研究し、それらに質量と体積を与えることを目的としています。

内容

    • 0.1主要な作業筋肉:
    • 0.2テクニック:
    • 0.3エラー:
    • 0.4優先度:
  • 1ビデオ「片足のつま先を持ち上げてダンベルを手に」

主な作業筋肉

キャビア、ヒラメ筋、後脛骨、長fi骨。

木製またはプラスチック製のフットレストが必要です。違いはありません。 バーから四角いブロックまたはパンケーキを取り出すことができます。主なことは、十分な高さであることです。 自宅でも運動を行うことができます。片足をドアの前に立て、ドアの横枠を手で保持します。 足にぴったり合った滑り止めの靴を着用してください。裸足でスタンドに立たないでください。足の皮膚を傷つけるのは非常に簡単です。さらに、足の裏の張力は、厚い靴底なしでは適切に吸収されません。

実行のテクニック:

片足のつま先を高さ6〜8 cmのスタンドに置き、足全体の3分の1だけをスタンドに置き、足のかかととアーチを垂らします。 足をトレーニングしている側からダンベルを手に取り、もう一方の手で、電源フレーム、壁、同志などを床にしっかりと固定します。 自由な脚を膝で曲げ、訓練された脚に押し付けます。これにより、あなたの位置が最も安定します。

吸入後、つま先をできるだけ高く上げ、子牛に負担をかけます。 上部で、少し足を延ばし、足首関節で足を曲げずに、可能な限り低く息を吐きます。 ふくらはぎの筋肉を最大限に伸ばすために、かかとで床に触れることをお勧めします。 いずれにせよ、できるだけ深く下に行き、足を伸ばした瞬間に一時停止するときよりも長くこの位置にとどまります。 必ず最大振幅で移動してください。 エクササイズを完了した後、脚を変えて、別のトレーニングを開始します。 ふくらはぎの筋肉は非常に頑固で、標準的な繰り返し回数では十分ではありません。完全なトレーニングを行うには、少なくとも5回のアプローチで1脚あたり15回以上繰り返し実行する必要があります。

エラー:

膝関節の脚の屈曲は、ふくらはぎから負荷を取り除き、適切な姿勢を維持できず、背骨を丸めて転倒する可能性があります。

優先度:

シミュレーターでバーベルまたはベンチプレスでつま先を持ち上げた後、2番目の演習を実行します。 複合施設の3番目のエクササイズでは、ヒラメ筋をさらに調べるために、座っている靴下にリフトを追加できます。

ビデオ「ダンベルを片手に片足のつま先を持ち上げる」