クロスビームで下部ブロックの曲げアーム

バーベルでのエクササイズに加えて、ブロックトレーナーも上腕二頭筋の発達に使用できます。 それらだけで作業すると結果は悪化しますが、フリーウェイトと組み合わせると、フリーウェイトのみを使用した場合よりも効率がさらに向上します。

ブロックでの作業は、上腕二頭筋の浮き彫りと透明感を与えるのに適しており、2つのヘッド間に目に見える分離線を形成します。

働く筋肉

肩の上腕二頭筋。
補助:上腕の筋肉、前腕の前面の筋肉。

実行テクニック

  • 選択した重量に対応するマークにストッパーを固定し、下のブロックを通過したケーブルに長い水平スティックの形のハンドルを取り付けます-バーのバーを交換します。
  • ハンドルを握り、下のグリップ(手のひら)で手をつないでください-手から滑り落ちる可能性が低くなります。 開始位置:ハンドルを広げた状態で立った状態で、ケーブルに張力をかけ、荷重を上げます。
  • エクササイズは、上腕二頭筋をトレーニングするときにバーベルで腕を曲げるのに似ており、ほぼ同じ方法で実行されますが、唯一の違いは、バーベルバーではなくシミュレーターのハンドルを手に持つことです。 肘を曲げ始め、ハンドルを胸に向かって引きます。
  • 肘を常に横に押したままにしますが、これはバーベルで作業するときよりも困難です。 遅らせることなく、腕を曲げると、腕が元に戻り始めます。 下に移動するときは、手を下げる速度を監視し、速すぎないようにしてください。 簡単に言えば、手をひっくり返さないでください。上腕二頭筋が常に緊張していることを確認してください。 運動は不完全な振幅で行われます。下の肘で腕を完全に伸ばしてはならず、上部の胸に近づけてください。 腕を曲げている間-吸入中、伸展中-呼気。
  • 腰をまっすぐに保ち、前方に曲がらないように背骨を丸めます。 正しい姿勢で姿勢を保つには、常に前を向くか、あごを少し上げてください。 肘が離れて移動してはならず、手首が関節に完全に固定されている必要があります-不必要な怪我を避けるためです。

優先順位

すべての基本的な上腕二頭筋運動の後。 上腕二頭筋を血液で満たすために、「ポンピング」の効果を引き起こし、4〜5回のアプローチで最大15〜20回繰り返します。